SSLサーバ証明書の選び方

企業認証(OV)証明書とEV SSL証明書とドメイン認証(DV)証明書はそれぞれ利用に適した用途がございます。まずはウェブサイトの用途を確認した上で、実在性の証明を必要とされるウェブサイトで、特に実在性を強くアピールしたいウェブサイトはEV SSL証明書、それ以外で実在性の証明が必要とされるウェブサイトは企業認証(OV)証明書、暗号化通信のみが必要とされるウェブサイトではDVを利用するといった使い分けを推奨しております。

証明書の選び方

認証方法の違い

  • 企業認証(OV)証明書は、SSLサーバ証明書を申請した企業の実在性を認証するSSLサーバ証明書です。企業・組織の実在性を、第三者データベースに基づく、インターネットを経由しない「電話での確認」が行われるため、認証強度が強く、高い信頼性を実現しています。個人が取得することはできません。
  • EV認証のEV SSL証明書は、EVガイドラインに基づいてEV SSL証明書を申請した企業の実在性を厳格に認証するSSLサーバ証明書です。企業・組織の実在性を、監査済みの厳格な認証方法を使い確認するため、認証強度が強く、最高度の高い信頼性を実現しています。個人が取得することはできません。
  • ドメイン認証(DV)証明書は、ドメイン名の所有名義を確認するSSLサーバ証明書です。個人でも取得でき、手間がかからず、低価格・短期間での発行が可能となります。 しかし、ドメイン名を所有していれば、機械的な発行処理によって、誰でもSSLサーバ証明書の取得が可能であり、ウェブサイト運営組織の実在性を認証しないため、パスワードやクレジットカード番号を盗み取ろうとするフィッシング詐欺への対策としては、十分ではありません。
  企業認証(OV)証明書 EV SSL証明書 ドメイン認証(DV)証明書
ドメインの所有名義を認証
企業の実在性を認証 ×
個人による取得 × ×
アドレスバーに組織名表示緑のバー
アドレスバーが緑になり、ウェブサイト運営組織名が表示されることで、わかりやすくウェブサイトの訪問者に安心感を与えることができます
※上記の表示はInternet Explorer 8の例です
× ×
フィッシング詐欺対策 ×
信頼性
認証方法の違い
ご参考
申請責任者への電話確認について
https://knowledge.geotrust.com/jp/support/knowledge-base/index?page=content&actp=CROSSLINK&id=SO24373

ジオトラスト スマートシールの見え方の違い

企業認証(OV)証明書のトゥルービジネスIDおよびEVでは、スマートシール上にウェブサイトの運営団体情報が表示され、視覚的に信頼感をアピールできます。

企業認証 トゥルービジネスID
EV認証 トゥルービジネスID with EV

ドメイン認証 クイックSSLプレミアム

トゥルービジネスID(企業認証証明書)

クイックSSLプレミアム(ドメイン認証証明書)

  • トゥルービジネスIDワイルドカードおよびラピッドSSLワイルドカードではスマートシールは提供しておりません。

SSLサーバ証明書プロファイルの違い

https通信をしている時表示される鍵アイコンから「SSLサーバ証明書を表示」をクリックするとSSLサーバ証明書のプロファイルが表示されます。

証明書プロファイルの違い

企業認証(OV)証明書ではウェブサイトの運営団体名と所在地が表示されます。

企業認証 トゥルービジネスID
EV認証 トゥルービジネスID with EV

ドメイン認証 クイックSSLプレミアム

トゥルービジネスID(OV証明書)

クイックSSLプレミアム(ドメイン認証証明書)

ご購入のお問い合わせ

03-5114-4134 製品選び、ご購入方法など、
専門スタッフがご案内します。
受付:平日 9:30〜17:30
  • お申込みはこちら
  • Webお問い合わせはこちら
  • 製品お見積りはこちら
  • 製品カタログはこちら